BLUE TOMATO

渋谷と原宿の間キャットストリートにある美容室、BLUE TOMATOのサイト。

telephone-mark Reservation

  • 014
  • 083
  • 113
  • 023
  • 095
               

news

06/27
誠に勝手ながら
8/12(月)〜8/15(木)

お盆休みを頂きます。

12/26
【重要】web予約が新しくなりました◎
詳しくはこちらをご覧ください。

staff

mudai

MUDAI
OFF
7/9(火)7/25(木)
8/1(木)8/8(木)
8/27(火)

mai

mai
OFF
7/11(木)7/24(水)
7/30(火)8/7(水)
8/29(木)

yuichi

YUICHI
OFF
7/23(火)8/6(火)

takahiro

takahiro
OFF
7/12(金)8/6(火)

kohno

KOHNO
OFF
未定

aki

aki
OFF
未定

KAZUMA

KAZUMA
OFF
未定

masaki

masaki
OFF
未定

suzu

suzu
OFF
未定

kaoru

kaoru
OFF
未定

blog

2019/07/19

「髪質改善トリートメント」とは

こんにちは、YUICHIです。

皆さんは「髪質改善トリートメント」とか、「酸熱トリートメント」とか、聞いたことはありますか?

よく聞くサイ○ンス○クアなどもこちらの部類に入ります。

最近の美容業界で話題になっているメニューです。

お客様からはもちろん、メーカーさんやディーラーさんにも聞かれることが多くなってきたので、

今日は個人的な見解を書いてみようと思います。

 

「髪質改善トリートメント」も「酸熱トリートメント」も、同じものとして考えてほぼ問題ありません。

メーカーさん毎に言い方を変えていますが、中身を見るとあまり変わらない印象です。

どのメニューもキャッチフレーズとしては、

・縮毛矯正しなくてもクセが伸びる

・ダメージが出ない

・繰り返していくと髪の毛がキレイになっていく

というようなものが挙げられます。

そしてインスタ映えするとんでもないツヤ感、気になる人が多いのも頷けます。

 

BLUE TOMATOでは現在そのようなメニューの導入はしていません。

今後よっぽど優れた薬剤が出たら導入しますが、今のところは見送っています。

とは言え、どんな内容の施術なのか、説明していこうと思います。

 

「髪質改善トリートメント」や「酸熱トリートメント」と比較される施術メニューは、

ストレートパーマ(縮毛矯正も含む)とトリートメントになります。

 

少し美容師目線での説明になりますが、髪の毛は4種類の結合から成り立っています。

①水素結合

②イオン結合

③S-S結合(シスチン結合)

④ペプチド結合

の4種類です。

①水素結合は水で濡らすと切れる結合です。

寝グセを直す時など、一度濡らしてクセが直るのは、水素結合を切ったからです。

ブローなどの技術も水素結合をコントロールしています。

②イオン結合は髪の毛の内部の結合で、pHが関係してきます。

「髪質改善トリートメント」や「酸熱トリートメント」が切るのはこの結合です。

③S-S結合(シスチン結合)はパーマやストレートパーマが切る結合です。

そもそもの髪の毛の形を変えるイメージです。

④ペプチド結合は切ることがないというより、絶対に切ってはいけません。

過度にダメージを与えると切れますが、切ると髪の毛として成立しなくなってしまいます。

 

今回は②イオン結合と③S-S結合(シスチン結合)について、施術の目的と共に説明します。

 

まず、③S-S結合(シスチン結合)と縮毛矯正の関係から。

縮毛矯正の施術は、クセを伸ばすことが目的です。

⑴1液をストレートにしたい部分に塗布する

⑵一度洗い流し、乾かしてからアイロンを入れてクセを伸ばす

⑶2液をつける

というのが主な工程になります。

(これは通常のパーマの図ですが、メカニズムは同じです)

⑴の工程の目的は、クセを矯正できるように、1液の力で還元させてS-S結合(シスチン結合)を切ることです。

どのくらいの強さの薬剤でどのくらいの時間を置き、どのくらいS-S結合を切るか。

あまり切らなければクセが伸ばせず、切り過ぎれば真っ直ぐになり過ぎる、もしくはかなりダメージが出ます。

学生時代に縮毛矯正したらピンピンになり過ぎてしまった、という経験がある方は多いと思いますが、

それはS-S結合を切り過ぎてしまったことが主な原因のように思います。

⑵の工程では、S-S結合を切って形が変えられる状態になった髪の毛を、アイロンで整えていきます。

どのくらい熱を加えるかもとても大切ですが、ここでクセが伸びるかどうかは⑴の切り具合にかなり依存します。

⑶は形を整えた状態で、2液を塗布して酸化させ、S-S結合を再結合します。

このような工程を経て、髪の毛の形を変えることができます。

 

これに対して、②イオン結合と「髪質改善トリートメント」の関係はどうか。

髪質改善トリートメントの施術は、うねりを伸ばすことが目的のように思います。

⑴アルカリ電解水を塗布し、アイロンの熱を入れる(これはメーカーによりない場合があります)

⑵グリオキシル酸を塗布し、加温する

というのが主な工程になります。

⑴のアルカリ電解水は、pH11くらいの強アルカリです。

お掃除用のアルカリ電解水とほとんど変わりません。

アルカリはキューティクルを開き、髪の毛を柔らかくする効果があります。

⑵配合量が明言されていないのでなんとも言えませんが、グリオキシル酸が含まれた薬剤で急激に酸性に戻します。

pHは1.3くらいの強酸性です。

酸はキューティクルを収斂させ、固くする効果があります。

元々弱酸性である髪の毛をアルカリに傾けてイオン結合を切断し、酸性に戻すことでイオン結合を再結合しています。

このような工程で施術し、最終的に高温のアイロンで整えたものが写真でよく見る仕上がりです。

 

ここで疑問が生まれます。

アルカリ性に傾けたり、酸性に傾けたり、短時間でそこまでpHを振ってしまうことで髪の毛にダメージは出ないと言えるのか?

アイロンを使う以上、タンパク質の熱変性によるダメージは避けられないのではないか?

そもそもトリートメントと謳ってしまって良いのか?

といったものです。

 

また、クセとうねりは別物だと捉えているので、その理解も必要だと思います。

クセは毛根の形や毛穴の形から影響を受ける、ある程度先天的な原因があります。

うねりはダメージやエイジングなどの影響を受ける、ある程度後天的な原因があります。

クセはS-S結合を切らなければなかなか伸ばせないでしょうし、うねりはS-S結合でもイオン結合でも伸ばせます。

(というより、使う薬剤がアルカリ性の為、縮毛矯正ではどちらの結合も切ります)

 

調べたり実験をしたりもしていますが、僕はあまりメカニズム的に納得がいっていない、というのが導入を見送っている理由です。

もちろん薬剤や技術に精通したスタッフが行えば、ダメージは最小限で最大限の効果が出せると思います。

しかしそれは縮毛矯正でも、カラーやブリーチなども含めてどの施術でも言えることです。

 

髪質改善トリートメント、酸熱トリートメントは「トリートメント」ではないと思っています。

トリートメントという施術は、通例では失われた水分や油分、タンパク質を補う、擬似キューティクルを貼る、など、基本的に足し算の施術です。

ダメージが出ない、というイメージを持っている方が大半でしょう。

それを「髪質改善トリートメント」、「酸熱トリートメント」という名前にしてしまうことにも違和感があります。

「酸性ストレート」とか、そういう名前の方が納得がいきやすかったですね。

ただ、「ストレート」という言葉よりも「トリートメント」という言葉の方が好印象なのも事実です。

 

こういうブログを書くといつも長くなってしまいます。。笑

「髪質改善トリートメント」も「酸熱トリートメント」も、まとめると、

・アルカリではなく酸を使ったストレートに近い施術

・ダメージは出ると思う

・トリートメントという打ち出しでは導入しない

・今のところ弱めなストレートで対応できる

といったところが現状での僕の見解です。

僕のお客様でも他店で施術をされた方が何人かいましたが、

・カラーの褪色が激しい

・うねりは伸びたがダメージは出ている

といった印象です。

また、「髪質改善トリートメント」を行ったあとに縮毛矯正などをかけるとかなりダメージが出る、という声が多数なので、もし行った方は今後の施術には注意が必要です。

 

もちろん、メカニズムが明確で、より結果が出せるようになれば、今後導入する可能性もありますし、

上手に行っている方もたくさんいると思うので、それを否定するつもりはありません。

まだ出てきたばかりの技術なので、賛否両論あるのも当たり前だと思いますし。。

ただ、メリットもデメリットもある、ということは知っておいた方が良いのではないかと思います。

どんなものなのか興味がある、など悩んでいる方の参考に少しでもなれば幸いです。

 

BLUE TOMATO研究チーム YUICHI

2019/07/17

冷房にあたりすぎること、、こんなことが

こんにちは!早く夏にならないかと待ち望んでいるKOHNOです!

最近、暑くなったり湿度が高すぎてモワモワするので、自分の家でもクーラーを入れる事が多くなりました!

なので、今回はこれからの時期に大活躍のクーラーと頭皮や髪の毛にどのような影響を与えるのかについて少し書かせて頂きたいと思います◎

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まずは、頭皮が良い状態とはどういう事なのかを簡単に説明させて頂きます!

1.血液から栄養がちゃんと供給されていて青白い状態である事
2.頭皮自体が乾燥してなく、モチッと柔らかい状態になっている事

正直、自分で判断するのは難しいです💦

なので、お店に来て頂いた時にスタイリストに診てもらうのが一番良いかと思います◎

夏場はこの健康な状態が崩れやすく、特にクーラーが効きすぎた部屋にいる時は注意が必要です💦

暑い場所から涼しい場所に入ると気温変化が激しくなるので、身体が急激に冷えてしまいます。

そうなると、体温が下がり体内の血液の巡りが悪くなり、血行が滞る事により髪の毛に対する栄養が行きづらい状態になってしまいます。。。

これは、慢性的になると注意が必要なのでなるべく室内に入る時はストールや軽い上着を持っていき、身体を冷やさないようにするのがおススメです!

また、クーラーを使う事により室温と一緒に湿度も下がってしまうので水分量が減り、頭皮や髪の毛が乾燥しやすい状態になってしまいます。

昼間は外にいると紫外線を受け、夜帰ってくるとクーラーが効いた部屋にいて乾燥しやすいので夏場はこまめなヘアケアをしてあげる事が重要です。

1.寒いと感じるくらいの場合は、身体を冷やさないように上着等を着て身体を温めてあげる

2.クーラーの風を直接受ける事は避ける

3.アウトバスやオイルを使って髪の毛の表面に皮膜を作りカバーしてあげる

これだけの事をやるだけでもかなり変わります☀☀

お店でも空調管理をしているので寒いと感じたりされた方はお気軽に近くにいるスタッフに一言かけて頂ければと思います!

また、ブランケットをお貸ししているのでいつでも言ってください!

読んで頂きありがとうございました!

BLUE TOMATO KOHNO

2019/07/12

◯2020東京五輪◯

こんにちは!

takahiroです!

7月に入り、早いもので今年も残すところあと半年となりました。

ちょうど1年後には

東京でオリンピックが開かれます◎

メインとなる新国立競技場もすでに9割完成していて、今年11月末には完成するそうです。

新しく暑さ対策の為にミスト冷却設備を8ヶ所、空気の循環を促すファンを185台設置されているのと、

南北にはフルハイビジョンの大型映像装置も設けられているそうです。

12月21日の午後にはこけら落としイベントがあるらしく、

どんどん日本もオリンピックに向けて熱くなっていきますね◎

先日、チケットの抽選結果が発表されたのですが、、

埼玉スタジアム2002で行われる男子サッカーの準決勝が当たりました!

スポーツ観戦が好きな僕は、他にもトラック競技、バスケットボール、バレー、テニス、卓球、東京五輪から

復活するソフトボール、初めて競技に加わったスケートボードなど、約20万円分応募しました(笑)

公式サイトのサーバーが落ちる程応募数が多かったのにも関わらず、当てる事が出来て本当に嬉しかったです◎

前回の東京五輪は1964年。

日本は、金メダル16、銀メダル5、銅メダル8の合計29個の受賞数でした。

56年後となる今回、メダル受賞数にも注目しながら全力で応援したいと思います!

BLUE TOMATO takahiro

2019/07/10

書類選考の連絡について

美容学生の皆様へ

BLUE TOMATOの2020年度新卒者募集にご応募頂きありがとうございました。

今年も気持ちのこもったたくさんの履歴書を、スタッフ全員で拝見させて頂きました。

毎年行っていることではありますが、

この時期になると美容学生の皆様の熱意を感じ、初心を思い返すことができます。

書類選考通過者のみ、本日面接のご連絡をメールにて送らせて頂きました。

誠に残念ながら、BLUE TOMATOから連絡がなかった応募者の方は書類選考を通過できなかったということになります。

ご希望に沿えなかった学生の皆様、

申し訳ございませんが、少しでも早く切り替えて次に進んで欲しいと思っています。

末筆ながら、BLUE TOMATOに興味を持って頂き、誠にありがとうございました。

BLUE TOMATO

Bad Behavior has blocked 178 access attempts in the last 7 days.