blog

-MUDAIブログ-

2020/01/09

似合うって何だ?〜カウンセリングの時に美容師が考えていること〜

MUDAIです!明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします◎

新年一発目のブログ。何を書こうかな〜と考えた末、

『似合うってなんだ?』

というテーマにしました◎

お客様からたまに聞く、

「短いスタイルは似合わないって言われて〜」

とか

「ロングは似合わないの」

という言葉を聞いて、

そんな事はない!!!

っていう会話をよくします。

ベストではないとことはもちろんあるし、似合わないんではなくて髪質的な条件も含めて向いてないことはあります。

けど、似合わないということを長さという大きい概念で可能性を消してしまうのはもったいなすぎる!!

ということで、似合うという言葉を考えて見ようと思います◎

まず、日本人が似合わせを作る上で、前提となる目指しているバランスがあると思います。

それは、「欧米人の骨格」だと思います。

ヘアスタイルの美意識の根底的な部分として、日本人の骨格を欧米人の骨格に近づけるという事が基準の一つになってると思います。

海外に行って髪を切ったら失敗した。というのはよくある話ですが、

あれは海外の美容師さんが下手なのではなくて、日本人の骨格に対応できてないからだと思います。

上 Caucasoid  (ザックリと欧米人のルーツ)

下 Mongoloid (ザックリと日本人のルーツ)

(*写真はネットから拝借いたしました。名称、表現は正しくないかもしれませんのでご了承ください。)

この写真を見てもらうとわかりやすいのですが、

Caucasoid の骨格はおでこが前に出ていて骨格に奥行きがあり、後頭部も丸い。

それに対して、Mongoloid はおでこが平面的で、奥行きがなく、後頭部が平面的。あとこの写真では分かりずらいですが、ハチが張っていて頭が四角いのも特徴。

この特徴を理解すると、日本人の美容師はまず補正、カバーからスタートする。骨格を見極め、対応できるスキルを身につけることが大事◎

欧米の美容師さんは骨格補正から入らずに、いきなりデザインを始めます。もともと綺麗とされている骨格を持っているので補正する必要があまりない(人にもよるし、国にもよりますがw)

●代表的な日本人の骨格と欧米人の骨格を分かりやすく同じ髪型で比べてみると

ね!

もちろん色々ツッコミたいことはあると思います。少しラインも違いますが、ほぼ同じ髪型です。

(*写真はネットから拝借いたしました。)

僕は節子ちゃんをもっとバランス良く切れる自信があります。(けど節子ちゃんはあれがいい)

グローバルな美意識が海の向こうで設定されてしまっているという悲しい現実。

産業革命さえ日本で起きていれば四角い頭の胴長前傾姿勢がもてはやされたかもしれないのに…。(これはジョークです)

僕自身昔の電球みたいな頭の形をしているので悩みは尽きません。

しかし、最近の若者たちは欧米人のような骨格の子達が増えましたね。腰の位置も高いし、ひざ下も長い。素直に妬ましいです。電球にしてやりたい。

結論としては,

頭を四角く見せないこと

❷平面的な骨格に奥行きを出す。

そのためのメソッドをスタイルごとに徹底的に研究することで一人一人のお客様に合わせた技術を提供できるようになります。

まずこの2つを成立させた上で、

首から上の似合わせは、顔周りのデザイン、アウトラインの形、レイヤー(段差)で作るフォルム、軽さで作る質感の組み合わせでコントロールできます◎(専門的な言葉が多くてすみません)

なのでショートや、ロングといった長さで似合わないと判断するのはもったいないのです。

しかしあくまでここまでは顔の話。骨格についてです。

さらに、眉や目などのパーツ、首の長さや、肩のライン、身長とのバランスなどを対応し、調和させていくことが”似合う”に近づくのだと思います。

どちらかというと、身長や、首の長さの方が髪の長さでの似合わせに影響する判断基準となりやすいです。

もちろん全ての条件に完璧に対応できる事は少ないので、取捨選択する必要があります。

いろいろと書きましたが、似合わせ、という視点のみを優先させたものになります。

ヘアスタイルを提供する上で重要な要素として、

❶素材ベース(基本的に変わらない)

骨格、髪質、毛量、毛流れ、パーツ(目とかの、大きさ、位置など)身長、首の長さ、肩幅など。

*ストレートパーマ、パーマ、などのメニューで素材を変えることは可能

❷ライフスタイルベース(変わっていく)

お客様自身のスタイリングのスキル、かけられる時間

年齢

人生に起こる色々(結婚、出産、イベント)

❸テイストベース(変わりやすい)

お客様自身のファッション、メイク

トレンド(流行)

今の気分

BLUETOMATOでは以上の3つの要素をヘアチェックなどを通して把握し、お客様と相談しながらデザインを決定します。

お客様との関係性が深まれば深まるほど、提案もしやすくなるし、イメージのズレもなくなります。

なので初めて切らせていただく時はどうしても確認が多くなってしまいます。

中でも重要なのはお客様自身のスタイリングのスキルとモチベーション。

そこをしっかり把握しないと再現性のないスタイルを提案してしまいます。

家で何にもしたくない!ってキラキラした目で言われる時は全力で素材を活かして楽ちんヘアーを作ります◎

髪の毛に手をかけれない時期なんていくらでもありますからね♪

色々と書かせていただきましたが、結局はお客様のその時のベネフィットをしっかりと捉えてデザインを提供することが何より重要。

似合うことが必ずしも正解ではないし、デザインは違和感をどう組み合わせるかが重要だったりもする。

自分らしさという無敵のフィールドを持っている人もいるし、自分らしさと似合わせと楽さを共存させたい人もいる。

 

あれ?

似合うって何だろう?

あ〜なんて難しい職業を選んでしまったんだと思うこともあるし、だから飽きずに続けられてるんだな〜とも思う。

撮影の仕事も楽しいですが、何よりもサロンワークでお客様の髪を切るのが本質のこの職業。一生勉強ですね◎

そんなことを長々と考えていた年始でした♪

やるべき経営のことが何にも進んでいない…。

 

長々とすみません。

 

blue tomato

2019/11/03

タイのバーバーの仕事っぷりがかっこよかった◎

お休みをいただきタイに行ってきました◎

15年ほど前にも行ったことがあったのですが、経済的な発展や、インフラの整備などもあり、印象が大きく変わっていました。

ファッションを楽しむ若い人が増えたのも印象的で、大きなモールや、個人店の古着屋なども多くできていました。

髪型もタイの男子たちはバーバースタイルが流行っており、だいたいみんな刈り上げてたように思います(MUDAI調べ)

ナイトマーケットをぶらぶらしていた時に青空バーバーを見つけて仕事ぶりが面白く、気がついたら30分くらい仕事を見続けていました。

『より早く正確に正解にたどり着く。』

職人という仕事において、すごく重要な言葉として常に自分の中にあり、彼らの仕事を見て改めてその言葉について考えさせられました。

250バーツ(日本円で約900円)日本にも千円カットはあるのでそれほど衝撃的な値段ではないのですが、客層の違いが新鮮。

オシャレが好きそうな若者たちがどんどんバーバースタイルに仕上がっていく。

すごく合理的なシステムで、ヘアカタログのサンプルを指差し、そのまま仕上げていく。

もしかしたら細かな調整のカウンセリングは切りながら行なっているのかもしれないが見ている分にはコミュニケーションはないように感じた。

カット椅子に座るとまずベビーパウダーを顔にふりかける。細かな髪の毛がつかないように、そのあとシャンプーせずにスプレイヤーでウエットしていく。

あとはブロッキングして一気に仕上げていく。

上から目線で申し訳ないが、クオリティーも高い。(多分僕の方が先輩だから許してください。

プロセスを通してわかったことは、確実に無駄がなく、最短でゴールにたどり着いていること。

もちろんそこには、居心地の良さや、一人一人に合わせて作るなどのパーソナルな対応はあまり感じられないが、限られた時間の中で多くの人を切らなければお金にならないというシンプルな原理の中で鍛えられている強さを感じました。

ヘアスタイルのサンプルも無数にあり、パターンの仕事といえどデザインキャパシティーは広い。

並ぶくらいお客さんを呼べる腕と、広告力があり、ずっと切り続ければきっと売り上げは十分に立つのだろう。

アシスタントもいないのでシンプルに生産性が高く無駄がない。

もちろん諸経費はかかるが、彼らの15分が250バーツということだ。

(楽しそうないい顔で仕事してるところがグッときた。)

より早く正確に正解にたどり着くことを職人としての矜持とするなら、自分の仕事はお客様の正解を一緒に探すことからスタートするのだと改めて感じた。

美容師は職人業?接客業?美容師はヘアデザイナーか?美容師はヘアアーティストか?

様々な解釈があり、今もなお進化し続けていて、多様化し、細分化している美容師という職業。

それぞれの美容師の価値観や求められるものによって様々なポジションがある。

僕がやっている美容師という名前の職業は、お客様一人一人のその時の正解を一緒に探し、生涯に寄り添えるような存在になること。

すごくシンプル。

そのためにはもちろんより早く正解にたどり着く技術も必要だし、お客様一人一人の悩みを引き出すカウンセリング力、それを解決する分析力や、提案力も必要だし、何よりお客様にずっと必要とされるために美容師として日々成長し続けなければならない。

なかなか難しいからこそ楽しい。

職業の名前なんて曖昧で、どうあるべきかも、どうありたいかも自分で決められる。

ハサミとかバリカンとかカラー剤とかパーマ液とか使って目の前の人に喜んでもらえるものを作るっていうことくらいしか決まってない。

都会に憧れを持ち、東京の中心地で美容師になったけど、それが東京であれ、タイ(地元ではありません)であれ、三重(地元は三重です)であっても今はどこでもいい。

僕の大事なお客様たちが多くいる場所が僕が仕事をする場所になりました。

今の自分のお客様に満足していただける仕事ができて、必要とされ続けること。

そして限られた人数にはなると思うけど、これから新たに出会うお客様に見つけた!と思ってもらえる美容師でありたいなと、色々なことを考えさせられた良い旅行でした。

お休みありがとうございました◎

MUDAI

 

 

2019/08/16

2019夏休みin三重

MUDAIです。

今年もお盆休みをいただきありがとうございました◎

毎年恒例ですが、伊勢神宮とBBQにmaiとYUICHIと行ってまいりました。

8年間撮り続けているこの写真。

あまりの暑さに歩きたくない。maiが麦わら帽子を1000円でGet◎

隠れた名物へんば餅。

出来立てのへんば餅のポテンシャルは赤福を超える。

すぐ食べると伸びる。時間が経つとすぐ硬くなる。

買ったものをすぐリメイクしはじめる

どうやらこの布に変えたかった様子。

満足そう。

懸賞金30円の麦わらのmaiと、サイコパス系誘拐犯風コーデのYUICHI。

参拝し終わっておきまりの牛丼屋さんに直行。

開ける時が好き。

今年もよろしくお願いします!

ガッツリとかきこむ!

やっぱお前サイコーだな〜の顔。

たくさん食べたらお次は、

早くアレが食べたくて先頭を歩くmaiさん。

今年もよろしくお願いします。

甘いものはいつもこの食べ方。

ほんとお前ってやつわ〜♡

夏に満足した顔。

伊勢神宮から戻り、友人の自宅で最近産まれたばかりのカワイイ生き物に癒される。

あ〜カワイイ。

母性をチャージ。

夜は恒例の近所を散歩◎

台風の接近で今回はBBQは無理かと思っていたら晴れた!

もったいないほどのいいお肉。毎年スポンサーになっていただいてる別所建設様ありがとうございます◎

毎年確実に腕を上げているYUICHI。潜ってすぐに鮎をGet!

こんな都会から来たヤサ男に食われるなんて。悔しそうな鮎。

16センチ。

2匹の川の恵みを頂き塩焼きに。

2時間ほどの戦いを終えたメガネがないただのイケメン。

自ら獲った鮎を食す。

ちびっ子も鮎にかぶりつく。

毎年あみしか持っていかないから石で焼き場作り。

自然の中で食べるご飯が美味しい◎

やはり焼きそばでシメる◎

ちびっ子たちも楽しそう。

新しいアイドルmonaちゃん。

こいつには散々みずてっぽうで攻撃された。

仕返しにホウスケ100%♡

怪我なく楽しめて良かった◎

遊び疲れて爆睡。

今年も楽しめました◎

スタッフみんなリフレッシュして本日よりまた元気よく働きたいと思います!

長々とありがとうございました。

 

 

 

2019/07/02

社員旅行まとめ

行く前にデモがあって不安でしたが、なんとか楽しめる旅行になってよかったです。

ディズニーランドの駅に着いてから入園するまでの300メーターほどの距離に1時間くらいかかってしまうBTですが、👓店長のおかげで今回もなんとかまとまりました。

 

今回の旅行のルールは一つだけ。

「一人で行動しないこと。」

suzuは一番ディズニー一番好きなのに来れなくて残念でした。来年は一緒に行きたいね◎

suzuがいなくてakiが寂しくないようにYUICHIが夜までakiとアトラクションに乗っていて、改めて優しいやつだな〜と。

僕は疲れて3時間でディズニーランドを後にしてマカオに行きました♪

akiはディズニーの進行役で初めてのリーダーになって頑張ってました。

けど、入場して10分でチケット無くすからファストパス取れなかったね。

KOHNOくんはお腹が空くとテンション下がりすぎて顔が死んでました。けど食べたらすぐ元気になるから簡単◎

KAZUMAは予想通りすぐいなくなります。けど派手だからすぐ見つかります◎

takahiroはなんの希望もなくみんなに付き合ってあげる優しさの塊です。けど、後輩のキャラに押されて写真少なめだったよ。

masakiは全身黄色いブルースリーのコスプレ現地ではあまり受けてなかったけど、香港の幼稚園の制服とダダ被りだったからかもね。町中黄色多かったよ。

kaoruはディズニーの中でビール飲めなくて残念でした。帰りに路上で1分くらいでひと間あけてた姿はかっこよかった。

maiはどこでも一瞬で眠りにつける強いハートを持っています。大人なんで道で寝るのはやめましょう。

みんなマイペースで、やりたいこともそれぞれあるけど、みんなでちょっとずつ我慢しながら、ちょっとずつわがままも言う。

少しずつ迷惑をかけながら、許し合い、関係性を育てていくのは大人も子供も変わらないですね。

テンション下がったり、ぶち上がったり忙しい奴らですが一緒にいて本当に面白かったです◎

長々とありがとうございました。

BLUETOMATO MUDAI

 

 

 

2019/06/28

BLUETOMATO in 香港(2日目)

社員旅行2日目。

1日目に深酒をして、二日酔いのままディズニーランドへ。

どうしてもこのかっこで行くって言うから。

出オチだから30秒くらいでもう面白くないから。

大御所感あふれる佇まい。

貫禄すらある。

とにかくかわいいKAZUMA。

お姉さん達も大はしゃぎ。

ものすごく暑い。

中に入る前の腹ごしらえ。

なぜかいつもおじさんに話しかけられる癖がある。

とりあえず涼しそうな乗り物に乗る。

なんか変なの手に入れたmaiさん。

夢の国でしか撮れない写真シリーズ。

見ようによっては小学生にも見えるアラフォー。

意外とされるがままのM体質。

ミッキー様のプリントによる価格の高騰も受け入れてしまう。それが夢の国。

キャラが喧嘩する女子高生のストラップのようなヒゲ濃いめ多め。

食べれるライトセーバー。

香港限定のTOY STORY LANDおもちゃがいっぱい◎

ウッディーちょっと大きめ。

ビニ傘をさすバズ。

4に出てくる新キャラ。

ライオンキングのショーも観ました♪

口開くよね〜。

素晴らしいエンタメ!勉強になりますっ!

若者+YUICHIは閉園まで満喫。僕は15時に離脱しました、、、。

疲れきってるけど楽しそうでよかった◎

BLUETOMATO

 

 

 

2019/06/27

BLUETOMATOin香港 (1日目)

MUDAIです!

3日間お休みをいただき、社員旅行に行ってまいりました◎

研修と言い続けていたのですが、写真を見返したときに、『もう研修って言うのやめよう』と静かに思いました。

日曜のサロンワーク後に深夜便で香港に出発。

早朝に到着し、YUICHIパパオススメの香港朝マック。

お色直しを終え、出発。男子は待ち時間に文句を言うべからず。

AM:8:00 空港から市内までの移動がガッツリラッシュぶち当たる。都会はどこも変わらんですね〜。

電車内で人生初の壁ドン体験し、オドロキトマドウYUICHI。

YUICHIは身動きがとれなくなった。

通勤ラッシュをかき分け、香港の街にやっとでれた。

飛行機の中で数時間寝ただけなので始まりからグロッキーな自由人2人組。

けど外に出たらすぐ元気になる。

最初の目的地はモンスターマンション!PVなどでも使われているかっちょいいボロいマンション。

絵になる場所で恒例の記念撮影◎体調を崩して休職中のsuzuちゃんは修学旅行欠席パターンの加工。

お昼は自由行動◎ヤングチームとアダルトチームにキレイに分かれる。

すぐお酒を飲む酒好きアシスタントとアクエリアスaki。

露店で宝物探し。KAZUMAの意外な特技が覚醒する。

値切りまくる。

そしてメニューが読めず適当に頼んだ昼ごはんが朝ごはんだったKAZUMA。

顔顔〜。

そんな昼なのに朝ごはんを食べているアシスタント達と同時刻。我々アダルトチーム。

グルmaiのリーサーチにより美味しいランチをリサーチ済み◎

見たかガキンチョども!これが計画性と大人の力だ。

完璧な昼食。

完全に朝食。

口可愛い♡

アダルトチームは昼食後恋する惑星のロケ地巡り。

合流し、元気な子達は夜市に行ってまた買い物。

akiちゃんスニーカー街でお目当てのチャックテイラーgetでご満悦◎

夜はみんなでグルmai調べの飲茶で夕食◎

たくさん食べてアシスタント達もやっと香港の食を満喫。

小籠包は一口で食べると火傷することを学ぶYUICHI店長。

kaoruねーさんが酒豪で大食いに見える構図。

睡眠不足で遊び疲れた午前2時。おもちゃの電源が切れたように眠るおもちゃのmasaki。

明日はディズニーランド。

BLUETOMATOin香港2日目に続きます◎

bluetomato

 

 

 

2019/05/24

Wanted Visual Book!!!

MUDAIです!

2020年度NEWスタッフを募集するにあたり、新しい試みをしよう!

と、いうことで、Wanted Visual Book!!!なるものを作成いたしました。

美容学生さん達をターゲットにしたヴィジュアル作成ということで、感覚が近いアシスタント+takahiroが中心となって作品創りを任せました。

役割分担としては、

アシスタント masaki suzu

ヘアスタイリスト takahiro KOHNO aki KAZUMA

メイク aki

ファッションディレクション KAZUMA

ディレクション&カメラ YUICHI

強めなテイストの作品が仕上がりましたwww

ファッションのコーディネートを全てKAZUMAが担当したので、まぁそーなるわなと。

けど、任せてよかったと思いました。

サロンワークベースのデザインより、踏み込んだクリエーションワークの中で表現することの楽しさや、役割分担の中でコミュニケーションをとって理解し合いながら作っていくプロセスなどなど。

見ていてハラハラすることもありましたが、任せることで結果を出し、成長してくれるスタッフ達の姿が眩しいぜ!って思いながらmaiと二人でやることないねって言いながらおかし食べてました。

仕上がった作品は完全に満足しているわけではないでしょうし、まだまだだな。と、思う部分もありますが、この撮影をやっていた1週間のスタッフのモチベーションや、熱量には正直感動しました。

結果にたどり着く前のプロセスこそが、苦しいけれど、充実していて素晴らしいものなんだなと改めて勉強させられた。

全体をディレクションして、個性豊かでマイペースなスタッフ達をまとめたYUICHIをはじめ、トランクいっぱいに衣装を詰めて全スタイルのコーディネートをしたKAZUMA、自分の土俵じゃないテイストの中でデザインを考えフィットさせていったtakahiroとKOHNO、初めての紙面になる撮影でレディースMODEL全てのmakeを担当したaki、suzuが体調不良で急遽一人で全てのアシスタントワークを任されたmasaki。

求人票を送っている全国の美容学校の皆様。

来週中に学校の方へ送らせて頂きますので是非ご覧になってください!

よろしくお願いいたします◎

BLUETOMATOにも置いてありますので、お手に取っていただけたら嬉しく思います!

bluetomato

 

 

2019/04/03

YUICHIさんShopManagerに就任◎

MUDAIです!

いつもBLUETOMATOを応援していただきありがとうございます。

この度、スタイリストYUICHIがShopManagerに就任致しました!

(威厳のある顔してもらいました)

YUICHIくんとの出会いはかれこれ15年前。

新人スタイリストだった僕は初めてのメンズの撮影(GET ONだったかな?)のモデルを渋谷の西武の前で探していました。

遠目からなんかおしゃれなイケメンがアゴを上げて歩いてくるのが目に入り、即座に声をかけモデルハントしました。

そのおしゃれイケメンアゴ上げ大学生がYUICHIくんです。

立教大学の法学部に通っていたYUICHIくん。マルジェラとか、リックオーエンスを着ていた、イケメン大学生。

ちょっと頭がいいけどおしゃれとかカルチャーが好きで大学で浮いてるんだぜ!みたいな、小生意気な感じが鼻につくとんがりコーンだった 当時のYUICHIくん。

僕は初めての撮影ということもあり、YUICHIくんの頭で何度もなんどもスタイリングの練習をさせてもらいました。

(その時練習で撮った写真)

夜遅くまで練習に付き合ってもらったお礼に2人でラーメンを食べに行きました。

話してみると可愛げがあり、人懐っこく、見た目の尖った感じとのギャップがあるな〜と思ったのを覚えています。

その後もメンズの撮影が入るとちょこちょこお願いしたり、ご飯を食べに行ったりする付き合いが続きました。

大学の就職活動が始まったくらいに、相談があるとのことでご飯を食べに行くと、

『美容師になりたいと思うのですが、どう思いますか?』

と、聞かれたので、

『やめたほうがいい!』

と、言いました。

理由としては、お勉強も頑張ってきて、親に大学まで出してもらって職業の選択肢も無数に広がっている立場を手に入れているのに、専門学校に通い直してわざわざ遠回りしてこの厳しい世界を目指すなんてどうかしてるぜ!って思ったからです。

あと、やっぱり生意気そうなお勉強できるぜ感が鼻につくとんがりコーンだったので、ちゃんと知ってもらえるとかわいがられるけど、わかってもらうのに少し時間がかかるキャラクターはあまりこの職業に向いてないだろうな〜とも思っていました。

けど、やっぱりなりたいというので

『じゃあなれば〜!』

って言いました。

そこから、通信で美容学校に通い、都心から少し離れたところでYUICHIくんの美容師としてのキャリアがスタートしました。

そして月日は流れ、僕が29歳、の時に独立を考えていた時、たまたまご飯に行き、その話をしたら、

『一緒に働きたいです!』

と言われ、面接をして、一緒に働くことになりました。

(OPEN前にシャンプーの練習をしていた時)

2011年にBLUETOMATOをmaiと3人で立ち上げてから、苦楽を共にし、今に至ります。

イケメンアゴ上げとんがりコーンだった大学生のYUICHIくんが、美容師としても、人としても成長してくれてサロンの中では僕よりも重要な存在になってくれました。

まさか西武の前でモデハンしたイケメンアゴ上げとんがりコーンとこんなにも濃い関係性になるとは想像もしませんでした。

今ではすっかり笑うとタレ目のメガネセンターパートになりました。

今後もBLUETOMATOと僕をしっかりと支えて行ってほしいと切に願っております。

blue tomato

2019/03/31

BTお花見🌸

MUDAIです◎

毎年恒例のお花見🍡

先週だったのでまだ桜も5分咲きくらいでしたが、代々木公園に行って来ました◎

とりあえず乾杯!

maiさんとkaoruねーさんが腕をふるってくれました。

おいなりさんと唐揚げ♡

とりあえず綺麗なうちに写真に収める。

YUICHIさんもおいなりさんにかぶりつきます。

その辺のリスよりもほっぺが伸びるKAZUMAくん。

アウターもおいなりさんもグラサンも全てがBIGサイズのちびっこsuzu。

チャラそうでチャラいmasaki。

いっぱい口に入れすぎてakiかどうかわからないけど多分aki。

食い過ぎんなよKOHNO。

なんでも大口を開けてほりこみたがる大人の女mai。

maiさん何か発見しました。

いつもアンラッキーなtakahiroくんに神からのギフト。

この広い空の下、どのくらいの確率でこのギフトを引き当てることができるのだろうか?

神様一笑をありがとうございました。

自分以外の不幸が大好きなmaiさん。本当に嬉しそう。

なぜかいつも始まるオセロ。

masakiが無謀にもBTの頭脳YUICHIさんに挑む。

まさかのmasaki勝利!「参りました!」と潔く負けを認めるYUICHI。

その生き様まさに武士!!!

ありがとうございました◎

2019/02/23

YUICHIくんミャンマーを満喫◎

MUDAIです◎

いよいよYUICHIの旅も終盤に差し掛かってきました。

ミャンマーは見所が多かったようで今回はミャンマー編です。

ミャンマーにも首長族の皆さんが暮らしているようです。

帰ってきてからも金のやつつけてて欲しいです。

常にフルスロットル。

喋ってみると意外といいヤツ◎

パクるものに統一感がない。

熟女のハートを鷲掴み♡

工業高校にいる少なめの女子。

ジョイ入れないと再現できない泡の量。

金髪を打ち消す背景のパワー。

シンプルイズベストという狂気。

サイズ感がわかりづらい。

かわいいとこあるんです♩

アニメで主人公が乗ると9割の確率で穴が開く乗り物。

満足そうな顔してるけど、うまいこと気球が写ってない。

現在はスリランカに移動したようです◎

元気にやっております。

BLUETOMATO