blog

-MUDAIブログ-

2017/07/21

毎週日曜日のイラスト発表

MUDAIです◎

BLUE TOMATOでは毎週日曜日の朝イラストのレッスンを行っています。

テーマに対してヘアスタイル、Make、ファッションをマッチングさせてイラストを描きます。

今回のテーマは『ピンナップガール』

t02200325_0800118312748971667

→ヌードグラビアがまだなかった1920年代から1940年代のフランスや
アメリカでセクシーなイラストが旋風を巻き起こしたらしい。第二
次世界大戦当時、アメリカ軍の兵士達にも、勇気を与えたり、故郷
の恋人を思い出す為にピンナップガールは、流行したという。

ピンナップとは、ピンで留めて壁に飾る写真のことをいう。特に、
女性のヌードや水着姿のものなどを指す場合が多い。

*ネットより抜粋

20170716_104453

まずはKOHNO。

20170720_165552

毛先はブラントラインの重さが残った質感にわりと高めなレイヤーを組み合わせてきましたね〜。

ワイドバングのスクエアなショートバングを分けてるところが良いですね〜♩

20170716_104434

次はtakahiro。

20170720_165557

あんなに下手くそだったtakahiroがちょっと輪郭ライン変だけど雰囲気つかんでかけてます(笑)

デザインポイントがわかりやすいのと、全体のヘアーの柔らかな質感が描けてて良いです◎

20170716_104544

20170716_104528

次はAki。

20170720_165603

Akiはイラストが上手なんですが、さしすせそがまだちゃんと発音できないのでプレゼンが苦手です。

どんなテーマでもAkiっぽいバランスの構成があるな〜と感心させられます◎

20170716_104640

最後はKAZUMA。

20170720_165607

KAZUMAはまだ数回しかレッスンしていないのにメキメキ上達しています。

イメージのMAXを表現できるタイプなので一度の吸収力が多いのでしょうね◎

みんな毎週一生懸命やっているので気がつくとどんどん上手くなっていきます◎

イラストを描くという画力もそうですが、ファッションに対しての造詣が深くなること、ヘアー、メイク、ファッションのバランスの構成力がつく、自らのイメージをアウトプットすることで言語化できる様になる、など、サロンワークだけではなく、撮影などのクリエーションにも良い影響が出てきます。

個人的にはヘタな時の方が笑えるし、ワクワクしていたのですが、成長する姿を見るのも嬉しいことです♩

アシスタント達の一年前の面白いイラストを見たい方は

コチラ

この頃のほうがブログのネタとしては面白かった…。

 

2017/06/25

四万十川を目指しツーリング♪

MUDAIです!

3日間春休みを頂きありがとうございました♪

レンタルバイクで高知県をぶらっしてきました。

20170619_122725

☆1日目

AM:11:00 羽田空港を朝出発し、高知に到着。

高知市内のレンタルバイク屋さんでバイクを借りる。

DCIM115GOPRO

とりあえず四万十川とか見たいなと思い、四万十川方面に向かうことに。

ツーリング中に自動で写真を撮ってくれる『GoPro』を装備。

一人旅の強い味方。これさえあれば30秒おきにずっと撮影してくれます。

hero5session_480 20170619_122429

AM:11:30 出発。

20170619_122404

四万十川まで110キロ。ライダーMUDAIからしたらヨユーな距離です。

ノンストップで四万十川まで駆け抜けます!!!

DCIM115GOPRO

田舎道は走ってるだけで気持ちがいい。いつまでも走っていられます。

DCIM115GOPRO

PM13:00 休憩 昼食

20170619_131204

地元のおじちゃんに教えてもらった黒潮本陣というお店でカツオを食べる。

20170619_131018

お腹いっぱいになり店員さんにお礼を言ってバイクに乗ろうとすると、『日帰り温泉ありますよ♪』

と。

20170619_142737

しかし、僕が目指すのは四万十川。高知に温泉に入りにきたわけではない。

20170619_142720

太平洋を見ながら温泉に浸かり、少し昼寝をしてたら15時になっていました。

恐ろしき黒潮本陣。様々な誘惑を振りほどき、やっとの思いで後にする。

PM15:30 再度出発

DCIM115GOPRO

海沿いもいいけど山みちの空気の冷たさが心地よい。

DCIM115GOPRO

山道を走りトンネルを何個か抜けると海岸線が見えてきます。

20170619_164639

黒潮町というところで僕がバイクと同じくらい好きないい感じの芝生がありました。

目的の四万十川までもう少し。こんなところでグダグダしてる場合ではありません。

20170619_165023

日が暮れる前に四万十川を満喫したい。

DCIM115GOPRO

美しい黒潮町を横目に四万十川を目指し海岸線を走り抜ける。

20170619_190630

PM:19:00

夕焼けが反射する四万十川。僕が見たかった景色はコレだったんだ。と気づきました。

四万十市で適当な宿をとり荷物を置く。

20170619_205810

一日中バイクで走って疲れた体へのご褒美。人生初の一人焼肉。

全然さみしくないし、むしろ気楽でいい。孤独を楽しむタイプの人だ。と店員さんに思われるよう最大限ふるまいました。

☆2日目

DCIM115GOPRO

前日の一人焼肉の寂しさからか人恋しくなって地元の人のだんらんに混ぜてもらいモーニング。

やっぱり誰かと食べるご飯は美味しい。

20170620_085240

これこれー◎

DCIM115GOPRO

イメージ通りの四万十川に満足し、高知に戻りました。

20170620_162235

明日帰るのでゆっくりできる旅館に泊まり、大人の時間を満喫しました。

20170621_001028

20170620_233937

次の日はゆっくり高知市内を観光して東京に戻ってきました。

20170621_102923

3日間お休みありがとうございました。

初の試みの春休みというものをつくって、スタッフみんなリフレッシュさせて頂きました。

下半期も心地よい時間を過ごしていただけるよう準備してお待ちしております。

20170619_134826

 

 

 

 

 

 

 

 

2017/06/04

朝のスタイリストミーティング。

MUDAIです!

最近お店の近くにできたTRUNK HOTELのテラスで早朝スタイリストミーティングをしてきました。

OGP

スタイリスト3人で、サロンワーク以外の業務や、アシスタントのレッスンの進行状況を共有するのが目的です。

20170527_093142

BLUETOMATOをより良い環境にする為に、サロンワーク以外の場所でも密にコミュニケーションをとり、改善点を探したり、それぞれが意見を持ち合います。

時には、意見がぶつかり合うこともありますが、それぞれのスタイリストが熱い思いを持って組織運営に関わってくれているので嬉しい限りです。

20170527_092734

今日より明日が少しでも良くなるよう頑張りたいと思います!!!

 

 

2017/05/27

┏◎-◎┓2代目YUICHI→3代目YUICHI変更のお知らせ。

MUDAIです。

YUICHIが新しくなりました。

初代YUICHI

IMG_0329 2

だいたいはガッツでなんとかしそう。

2代目YUICHI

IMG_1660

間違いなくこの日はいい事があった。

3代目YUICHI

20170526_154812

20170526_154849

笑顔が素敵♪

*カット料金等の変更はございません。

 

2017/04/20

おこちゃまのカットは真剣勝負。

MUDAIです!

最近よくおこちゃまのカットをしてます。

FH000030

カレは友人のおこちゃまで赤ちゃんの頃からの付き合いです。

親の教育が良くないのか僕のことをムダイ〜と呼び捨てにします。

たまにトリッキーな動きをするので集中して切ってます。

楽しませながらカットとかぜんぜん出来ないです。

年齢差もあるので話もぜんぜんはずみません。

けど僕はトモダチだと思ってます。

いつか親に言えないことを相談される関係性を築きたいと思ってます。

本人から

『スネ夫にしてほしい。』

と言われて。

なぜそのチョイス!?

IMG_4457

と思ったのですが
最大限頑張りました。

おこちゃまのカットはギャン泣きされることも多いですが、

今日のことは忘れてくれよ。と、思いながら真剣に切りつづけます。

家に帰ったら少し色黒だけどホントはいい人なんだよって言って下さい♪

 

 

 

 

2017/03/31

歴史のお勉強をする!!

MUDAIです!

少し前にYUICHIがブログで紹介していたと思うのですが、

pic-book

70年代中盤から現在までの東京のカルチャーをまとめてある本です。

素晴らしい本で、とても勉強になります。

しかし、ぼくは同時にこう思いました。

『もっと早く出してくれよ。』

と。

美容師にとってファッションの歴史を学ぶことはとても重要です。

たぶん…。

特に50、60、70、80、90年代は大枠ででもテイストを捉えてけば移り変わるトレンドに対応がきくし、イメージの幅も広がります。

以前ミーティングで50年代から90年代までのカルチャーをヨーロッパ、アメリカ、日本に分けて社会情勢も含めてプレゼンテーションしました。

IMG_9805

ディオールのニュールック、オードリーヘップバーン、マリリンモンロー、資本主義、社会主義、モッズ、ロッカーズ、プレタポルテ、スウィンギングロンドン、アメリカントラッド、みゆき族、ヌーベルヴァーグ、ビートルズ、5月革命、ボブデュラン、ベトナム戦争、ヒッピー、アンディーウォーホール、KENZO、グラムロック、パンク、ベルリンの壁、コムデギャルソン、カラス族、ボデシーコンシャス、オリーブ少女、ミニマリズム、グランジ、オザケン、などなどなどなど。

めっちゃプリントアウトしました。

IMG_6162

ペーパーレスに向かう時代に逆行してアナログなやり方ですが以外と頭に入ります。

社会情勢、政治、経済、や宗教、または階級、などなど、様々な事と、アート、ファンションやもちろんヘアースタイルが繋がっていく。

ストリートからファッションが産まれる背景に社会情勢や、階級等の様々なしがらみがあったりすることを知ることで1つのテイストに対しての造詣が深くなります。

IMG_6163

点の知識を線で結びつけていくことでしっかりと自分の中に落とし込むことができる。

お母さんとお父さんが◯歳の頃!と、言うと伝わりやすいんだなと思いました。

IMG_6164

調べたらなんでも出てくる時代ですが、歴史観を身につけることで色んなことを感じられる回数が増えるし、自分が好きなモノのルーツを辿ることが出来ます。

たくさん勉強してスタイル作りや、提案の幅を広げていきたいとおもいます♪