blog

-ヘアケア/髪と頭皮のコト-

2019/06/22

髪の日焼け止め対策♪

こんにちは!KOHNOです!

6月ももう後半になり、段々と暑い日が多くなってきました!!

7,8月と外に出かける事が増えてくるこの時期に気になるのは、紫外線です!

海に出かけたり、外に出かける機会が増える事で、いつもより紫外線を浴びる機会が増えてくるので注意が必要です!

では、髪の毛が沢山紫外線を浴びるとどうなってしまうのでしょうか?

①髪のダメージの原因になる
②カラーの退色の原因になる
③髪の毛の乾燥の原因になる

と紫外線に当たり続ける事により、髪に対して様々な変化が起きてしまいます。

紫外線には、UVAとUVBと言う人体への影響のある二つの波長があります。
この二つの内の特にUVBが髪の毛に与える影響が強いので、このUVBから髪の毛を守ってあげる事が大切になります!
(ちなみに、肌への影響の強いのがUVAです!)

UVBから守ってあげるので重要なのが、「SPF」という値が高い日焼け止めを使ってあげる事です!

SPFは10~50の値があり高くなるほど効果が高くなります!

最近は、日焼け止め成分が入っているスタイリング剤やアウトバストリートメントも増えてきており、肌だけではなく髪の毛も紫外線から守れるようになってきました!

最近、お店にも新しいスタイリング剤を導入しました!

それが日焼け止め成分も入ったバームスタイリング剤です!

「mm」というブランドのクリームバターです◎(ちなみにお値段は¥3,240です♪)

天然由来成分と美容成分で出来ており、お肌に優しい成分で出来ています。

付け心地は、少し軽めな質感で今流行っているバーム系スタイリング剤よりはベタっとせずサラッとした付け心地になるのも◎です!!

また、紫外線吸収効果を持つシアバターを使っているのですが固形シアバターの2倍の吸収効果を持つ液状シアバターを使っています!

なお、バター系では初めてSPF,PA表示を出来るモノになっているので日焼け止めとしての効果が確認されているのも安心して使えるポイントなのでオススメです*

日焼け止めとしての効能の指標になるSPFは10なのですが、髪の毛の日焼け止めは今までスプレータイプが主流だったので、セット力もしっかりあるスタイリング剤で日焼け止めとしても効果があるのはこれからの時期に使いやすくて良いのではないかと思います!

髪の毛を守る事は頭皮を紫外線から守る事にも繋がるので今年の夏は髪の毛を大切にいたわりながら、思いっきり夏を楽しみましょう☀️

BLUE TOMATO KOHNO

2019/06/06

梅雨時期のお手入れ方法について☀

こんにちは!KOHNOです!

最近、天気が目まぐるしく変わり、体調管理が大変になってきてますよね💦

雨がふったり、急に暑くなったりする中で、ちょっとずつ夏に近づいてる感じがします!

しかし、夏の前には、あの梅雨が、、、☔

という事で、今回は梅雨時期に向けてスタイリングで出来るお手入れ方法を書きたいと思います!

ストレートをするほどの癖じゃないけど、広がりやうねりが気になるという方にはおススメです!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◯梅雨時期の簡単お手入れについて◯

・アウトバスでしっとりと保湿

・オイル、バーム系スタイリング剤でスタイルキープ

・今の時期にしっかりとトリートメントを入れる

 

今回は、特に髪の毛が広がり、うねりやすいような方に向けてのケアの仕方になります!

まずは、アウトバスから♪

この時期に使うアウトバストリートメントは内部に水分と油分を補うエマルジョンやミルクタイプがオススメです!

髪の毛は、普段内部に水分と油分がバランスよくある事で収まりのよい状態をキープしているのですが、梅雨は外部からの湿気が多く、水分量が多くなりバランスが乱れがちになってしまいます。

髪の毛にとって、水分と油分のバランスを整えてあげるためには、アウトバスやスタイリング剤から補ってあげる必要があります!

普段のケアだと、アウトバスで保湿力の高いものを使用してあげるのが良いと思います!

お店で普段使ってるものなのですが、「oggi otto」のミルキィはこの時期から1本あると使いやすいと思います!

¥3,780(in tax)

毛量が多い方や髪質が硬い方に特に◎です!

柔らかい髪質やペタッとしやすい方は、根元に付けないで中間から毛先に少なめでつけてあげるのが良いと思います!

 

しっかり乾かしてあげたら次は、スタイリング剤です◎

最近、スタイリング剤はオイル系やバーム系と言った油分ベースのツヤの出るスタイリング剤が流行っています!

このタイプのスタイリング剤は髪の表面のキューティクルをコーティングし、外部からの過度の水分流入を防ぐことが出来ます!

一度は見た事ある方も多いはずの「N.」のポリッシュオイルは、今の質感を作ってくれるので使いやすいと思います◎

¥3,670(in tax)

 

そして、最後がトリートメントです!

お店では、全部で4種類のトリートメントを準備しています!

その中でも、オススメなのがオーダーメイドで出来る「Rebuilding treatment」です☀

 

一人一人のお客様の髪質の状態に合わせて、各担当スタイリストが薬剤選定してアシスタントが施術させて

頂きます。

¥4,320(in tax)と¥6,480(in tax)の2種類から選ぶことが出来まして、お客様のなりたい髪質や状態に近づけられるトリートメントになります!

なりたい髪質の希望等を聞いて、コースを決めさせて頂くのでお気軽に聞いてください!!

 

他の3種類のトリートメントよりお時間を頂くのですが、梅雨時期のうねりや広がりをトリートメントの効果である程度収めることが出来ます◎

興味がある方は、ご予約をお取りになる時でも、当日でもスタイリストにご相談頂ければと思います!!

綺麗で扱いやすい状態で、梅雨を乗り切りましょう☀☀

BLUE TOMATO KOHNO

 

2019/04/17

その紫シャンプー、髪の毛に合っていますか?

こんにちは、YUICHIです!

去年に引き続きブリーチをするお客様が多い今日この頃です。

ハイトーンを維持したい方は、「紫シャンプー」という名前を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

文字通り、紫色の色素が入ったシャンプーなのですが、黄ばみを消すために使用します。

どうして紫色の色素が必要になるのでしょうか?

そのメカニズムをご説明します。

 

黒髪をブリーチをするとメラニンが分解され、レベル(明度)が上がっていきます。

(普通のカラー剤にもブリーチには及びませんが、ブリーチ剤は入っています)

そしてメラニンが分解されだだけで色素が入っていない状態の髪色をアンダートーンといいます。

アンダートーンを色相環にあてはめると、次のようになります。

サロンワークではこのアンダートーンに今までのカラーの履歴である色素(残留ティント)が加わるのですが、

複雑になるので今回は省略します。

日本人の地毛は5〜6レベルと言われていますが、アンダートーンはレッドバイオレット〜レッドです。

黒髪でもほのかに赤みを感じるのはこのためで、もともと赤みを持っているのが我々日本人になります。

8レベルになるとオレンジレッド、10レベルになるとオレンジイエロー、12レベルではイエローです。

これはブリーチ剤でメラニンが分解され、明るくなっていくためです。

 

僕はよくカラーの説明で、髪の毛を画用紙に、カラー剤を色鉛筆に例えます。

何色の画用紙を使うかがブリーチ剤の強弱、何色の色鉛筆で塗るかがカラー剤の色の濃さです。

例えば茶色の画用紙を使うとします。

思った色を発色させたいと思ったら、原色に近い濃い色をチョイスする方が多いのではないでしょうか?

茶色が透けて見えない色をチョイスするからです、簡単ですね。

では淡い色を発色させたいと思ったらどうするか。

薄い色の画用紙に変えるしかありません。

髪の毛でも同様で、濃い色(暗い色)にしたければ髪の毛をあまり明るくせずに施術をすることができますが、

薄い色(明るい色)にしたければ一度髪の毛を明るくしなければいけません。

ここで使われることが多いのがブリーチになります。

 

話をアンダートーンに戻します。

髪の毛はいくらブリーチをしても、真っ白になることはほとんどありません。

白くなる前に髪の毛が限界を迎え、切れてしまうことでしょう。

どんなにブリーチしても、ペールイエローがいいところだと思います。

そこで必要になってくるのが補色です。

これは色相環と呼ばれるもので、3原色(赤、青、黄)をはじめとして全ての色がこの図に集約されています。

そしてこの図のそれぞれ対角線上にあるものが補色となります。

赤の補色は緑、オレンジの補色は青、黄色の補色は紫です。

白い画用紙の上で補色を混ぜるとグレー系の無彩色になります。

 

前置きが長くなりましたが、要はブリーチで黄色くなっている髪色を補色の紫で消したい、

という願いを叶えることができるのが紫シャンプーです。

もっと簡単に教えてくれよ、と思われるかもしれません。

ですが今回は更に踏み込んで説明したいと思います。

 

紫シャンプーと一言で言っても、実はたくさんの種類があります。

もともとダメージのリスクが大きいブリーチの施術ですから、界面活性剤の問題で髪の毛への負担が大きいものは論外です。

ですが界面活性剤が良くても、今の髪の毛の状態に合うかどうかはまた別問題です。

どんな紫の色素が入っている紫シャンプーなのか、これがとても重要です。

BLUE TOMATOでは現在、3種類の紫シャンプーを使い分けています。

(厳密には一つは紫トリートメントです)

少し前に研究チームで実験していた時の資料ですが、

字が汚いのが気になりますが笑、①上から薄めの紫、②紫、③青が混ざった紫です。

白い画用紙に垂らすと色味が全然違うことが分かります。

ここでまたまた色相環に戻ります。

ペールイエローまでブリーチした髪の毛には①か②をチョイスします。

③を使用すると黄色に青が足されて緑味が出てしまいます。

オレンジやイエローオレンジまでブリーチした髪の毛には③をチョイスします。

①や②だとオレンジが消し切れず、茶色っぽく濁ってしまいます。

というように、どこまでブリーチしてある髪の毛なのかによって、紫シャンプーも変える必要があるのです。

もちろんカラーでも補色は計算して入れますが、どうしても褪色してしまうので、自宅でのケアはとても効果的です。

どんな紫シャンプーを使えばいいか、デザインに合わせてオススメさせて頂きます。

ぜひご相談ください◎

BLUETOMATO YUICHI