blog

-takahiroブログ-

2019/04/10

ヘアカタログデビュー!!!

こんにちは!

takahiroです。

先日発売された、メンズのヘアカタログ「おとなのショートヘア」に

僕の作ったヘアスタイルを載せて頂きました!

モデルさんは、僕が1年目の時に街で声をかけさせて頂いた猪野クンにお願いしました。

以前は、maiさんの撮影に猪野クンがモデルさん、僕がアシスタントとして勉強させて頂いていて、

その時にmaiさんから「いつかtakahiroも猪野クンと撮影が出来たらいいね」と言って頂いてから約3年、、、

今回はJr.スタイリストとして猪野クンと参加させて頂く事がとても嬉しくて、胸が熱くなりました。

カテゴリーはスリークショート

デザインや衣装にすごく悩み、MUDAIさんをはじめとする先輩方にたくさん相談も乗って頂きました。

当日は物凄く緊張しましたが、YUICHIさんも違うカテゴリーで一緒の撮影だったので、色々フォローや緊張をほぐしていただきながら、無事終えることができました。

当日までの進め方や準備、似合わせやバランス、動かし方などを含めた技術など反省も多く出ましたが、

目一杯楽しむ事ができました◎

今回出た改善点は次に生かし、もっと良いスタイルを作れるようにこれからも頑張ります!

モデルを引き受けてくれた猪野クン、本当にありがとう!!

ヘアカタログはお店にも置いてありますので、良かったら手に取って読んで頂けると嬉しいです◎

BLUETOMATO     takahiro

 

 

2019/03/24

◇1988年にタイムスリップ◇

こんにちは!

takahiroです。

密かにお店の中で「アニメ班」と呼ばれアニメが大好きな僕なのですが、

この度、以前から気になっていた『AKIRA』
のリバイバル上映を目黒シネマで観てきました。

もともと1982年に原作の漫画が発表された作品で、アニメ映画の公開が1988年。

最近、世界的に有名なストリートブランド「supreme」とコラボしたり、

スティーヴン・スピルバーグ監督の作品「レディ・プレイヤー1」の中に

AKIRAのトレードマークとも言える赤いバイクが登場するなど注目を集めていました。

しかし、注目すべきはそれだけではありません!

映画の舞台設定が、『オリンピックを翌年に控え、再開発工事が進む2019年の東京

そうです!

つまり、大友克洋監督が今から30年以上も前に今の未来を予見していたのです!!

そんな話題の映画が2週間限定でリバイバル上映すると聞き、喜びを隠しきれませんでした♪

目黒シネマはJR目黒駅西口から徒歩2~3分の所にあります。

1975年からある歴史的な映画館で、雰囲気も最高でした◎

 

中にはたくさんのAKIRAグッズが

目黒シネマスタッフ手作りのバイクやコスチュームも置いてありました!

今回は2作品併映だった為、大友監督の別の作品である「スプリガン」も見る事が出来ました。

スプリガンは1998年公開の映画で、1986~1996年まで週刊少年サンデーで連載されていた作品になります。

日によってAKIRAと併映する大友監督の作品が変わるみたいで、他にもスチームボーイ、MEMORIES、幻魔大戦、SHORT PEACEがありました。

AKIRAは2週間限定上映の為、3月22日で終わってしまったのですが、

  

3月23日から鉄コン筋クリート、ピンポンの2本立ても4月5日までの期間限定上映されるみたいなので、まだ観た事が無く、興味のある方は是非足を運んでみて下さい◎

http://www.okura-movie.co.jp/meguro_cinema/now_showing.html

目黒シネマのホームページのトップ右上の「割引券」から、100円割引のチケットが手に入ります(プリントアウトは必須みたいです)

僕も鉄コン筋クリートをまだ観た事がないので、行ってみようと思います♪

BLUETOMATO takahiro

 

2019/02/08

姉の絵を見に♪

こんにちは!

takahiroです!

先日、鹿児島で美術の教師をしている姉の絵を見に日本橋三越本店に行ってきました。

「三越美術特選会」

今回は、三越から選ばれた方の作品が出品されるというものらしく、ピカソ、モネ、シャガール、横山大観など、有名な画家の作品も含めて全てに値札が付いていました。

姉の絵は2つ。

写真撮影がNGだった為、皆さんに写真ではお伝え出来ませんが、油絵で綺麗なお花の絵が描いてありました。

その絵をずっとじっくり見て下さってる男性の方がいて、僕は嬉しくなり、胸が熱くなりました。

次は春に上野で展示があるらしいので、また見に行きたいと思います。

芸術に触れることで感性が高まったり、姉の絵を見る事で僕も頑張ろうといつも刺激をもらえるので、僕も姉に負けないように頑張っていきたいと思います。

BLUETOMATO takahiro